Au Bord d'Eau FUKUOKA

最近のイベント等

当該プロジェクト関係者および生産者などとの交流の記録です

交流の詳細については、当店のFACEBOOK更新履歴をご参考に頂ければ幸いです。

これまでのあゆみ

写真:

メーカーズイベント:1周年記念、ボルドーで29シャトーを有するAndre Lurtonメーカーズイベント開催(2017年5月)

今回は、ボルドーやパリでいま最も人気の地域になりつつある、ペサックローニャン地域を代表する、Ch CRUZOやCHUAN LURTONを中心に同地域やAndre Lurtonの理解を深める。ボルドーの生産量の1%しか算出されないものの、いわゆるValue for Money (お得な)で香り高いワインを楽しめるアイテムです。ソーヴィニオンブラン100%ですが、わずか6haで12000本年間しかつくられないアイテム。150種類のアロマを感じることができるともいわれ、12か月の樽熟成のため、樽の熟成感も味わえます。ワインの味を発見する楽しさがありました。ありがとう!Laurent!

写真:

メーカーズイベント:フランスのAOCスパークリングワインNo1メーカージャイアンスの関係者を招いたイベントを開催(2017年4月)

ジャイアンスのクレマンドボルドーは、ジャイアンスの中でもハイエンドのカテゴリーに位置づけられ、その生産地は、ボルドーのサンテミリオンの11世紀からある修道院の地下20メートル。手摘みと伝統的な泡の製法を守り、2-3年かけて熟成された繊細な泡と、セミヨン100%や、カベルネフラン100%、などブドウの香りをお楽しみいただけるスパークリングです。当日はランチイベント、ティスティングイベント、ディナー立食イベントともに大盛況。当店の顔として、ジャイアンスのスパークリングの泡の定着しつつあり、とても嬉しいです。詳細は、全国ブロガーで有名な、博多のあんさんのブログをご参照ください! 博多のあんさんブログ

写真:

自治体コラボシリーズ第2弾:オボルドフクオカ with 福岡県みやま市(2017年4月)

福岡県みやま市は、自治体が100%運営する、エネルギー会社、みやまスマートエナジーが全国的に有名です。そのみやまスマートエナジーが運営する、地産地消「みやまテラス」にオボルドフクオカ、代表田端と統括総支配人の吉田が出張訪問。新鮮なみやまの食材とボルドーワインで、ぷち贅沢な休日を過ごして頂きました!

写真:テーブル席 2階

自治体コラボシリーズ第1弾:オボルド―フクオカ with 福岡県太刀洗町 (2017年3月)

ボルドワイン委員会も、いわばボルドー最大のブドウ栽培農家の組合。今回のイベントは、太刀洗町の町長はじめ役場関係者と現地の日本酒の蔵元さん、野菜の生産者の方々と交わるか不安でしたが、同じ生産者が交わる場所!という理解が進むとかなり打ち解けた感じで、そのまま、お客様とともに、ボルドーワインと太刀洗の食材を通じて大盛り上がりでした。詳細は、全国ブロガーで有名な、博多のあんさんのブログをご参照ください! 博多のあんさんブログ

写真:店内入口

ボルドーロゼx旧正月x里地帰さんイベント(2017年2月)

春はロゼ!ボルドーワインのやや辛口ロゼと、二胡奏者の里地帰さんの美しい音色とともに旧正月のお祝いができました。大好評で、第2弾企画します!

写真:店内入口

Schroder &Schiller Yann社長とともに(2016年11月)

朝日様、Yann 社長のご協力のもと素晴らしい立食パーティとなりました。Yann氏はボルドーワイン委員会本部の重鎮でもあり、福岡は25年ぶり。福岡市役所への表敬訪問、ソムリエ協会主催のセミナー含めてとても満足して滞在いただけました。

写真:テーブル席 1階

Schroder &Schiller Yann社長メーカーズディナー(2016年11月)

Yann社長、Ch Kirwanの醸造長Phillepe氏を囲んで、お客様とともに、2000年ー2014年までの2ndラベルも含み、フィンガーフートとともに飲み比べ。とても贅沢な時間を過ごさせて頂きました。

写真:テーブル席 2階

ボルドーワイン委員会本部のシャトー氏とともに大相撲 with ボルドーワイン (2016年11月)

大相撲九州場所へ参加する機会を頂くことができました。ご夫妻は、相撲のすばらしさとともにワインとともに観戦できたことに感激されておりました。

写真:個室

アンスティチュの新東京館長、福岡館長様とともに福岡市を表敬訪問(2016年11月)

 アンスティチュ・フランセ東京(旧日仏学院東京)グザヴィエ・ゲラール氏、同九州館長とともに福岡市を表敬訪問。2017年以降のボルドー・福岡の交流計画について意見交換させていただきました。ボルドーワイン祭りin福岡、2017年からより一層盛り上がります

写真:茶室

ボルドーワインセミナー 主催:福岡市(2016年11月) 

2017年から計画されているボルドーワイン祭りに先駆け、プロ向けに、ボルドーワイン委員会クリストファー・シャトー氏によるボルドーワインに関するセミナーでした。

写真:庭園

ボルドーワイン試飲会 主催:福岡市(2016年11月)

後半は、コマンダリー・ド・ボルドーフランシス・ブテミ会長自らご説明のセミナーでした。クレマンドボルドーから、白、ロゼ、クレーレ―、貴腐ワインと様々なボルドーワインの試飲を約40社のプロの方が試飲されておりました。

ボルドーワイン出張セミナー in 湯布院

湯布院玉の湯桑野社長様と川原ソムリエのご協力で、ボルドーワインセミナーを旅館の経営者の皆さまを中心にさせて頂く機会を得ました。フランスからのゲストとともにボルドーワインの様々な楽しみ方を味わって頂けました。

写真:庭園

アメリカズカップオフィシャルワインのバロンフィリップスチーム(2016年11月)

アメリカズカップ福岡大会において、バロンフィリップス社のムートンカデがオフィシャルワインとして提携発表されました。それを記念して、バロンフィリップス社役員の方々と会場にて高島市長を表敬致しました。

写真:庭園

アメリカズカップオフィシャルワインのバロンフィリップスチーム、チームオラクル、アメリカズカップ関係者とともに(2016年11月)

エノテカ様にもご協力頂き、アメリカズカップ期間中、ムートンカデフェアを開催させていただくとともに、アメリカズカップ最終日の夜は、当店にて打ち上げとなりました。皆さま福岡は素晴らしいとととても満足され、帰国の途に就かれました。

写真:庭園

ボンタン会にて、アンドレ―リュートン夫人と再会(2016年11月)

11月中旬に、Andre Lurton夫人が福岡にはじめてこられ、当店でプロ向け試飲会およびメーカーズディナーを開催させて頂きました。東京グランドハイアットには、我々をゲストでご招待頂き、数々のVIPをご紹介頂きました。改めて感謝申し上げます。

写真:庭園

UDG(Union de Grand Cru)会長様とアンドレリュート夫人と(2016年11月)

UDGの会長様とお会いすることができました。福岡を非常に気に入っていただいていること、また姉妹都市事業として福岡市ボルドー市のサポートに敬意を表されてました。来年からこの分野でも新しい動きがはじまりそうです!

写真:庭園

アンドレリュートン夫人 in 福岡 (2016年11月)

前日の福岡滞在は24時間でしたが、はじめての福岡滞在。水炊きとTour de Bonne、佐賀牛(季楽)とCRUZO、やま中(寿司)とTour de Bonne、CRUZOのマリアージュを楽しんでいただき、当店でも、プロ向けに試飲会をさせて頂きました。福岡に大変魅了され、次アジア来るときは福岡へということで強く思って頂きました。ボルドーを代表する名家にも関わらず、常にワインにチャレンジする一族に改めて敬意を表します。

写真:庭園

アランジュペボルドー市長と高島福岡市長に囲まれて

2016年9月末のボルドーでの姉妹都市35周年記念における調印式で、アランジュペ市長の真横に着席させて頂く機会を得ました。回りは、ボルドーワイン委員会アラン会長、ステファンドロー副市長他重鎮の方ばかりでしたが、皆さま5月にオープンしたバーの状況やFacebookの活動報告に高い興味をもたれておりました。今回の調印を経て、ボルドーと福岡がワインだけでなく、Start upなどの経済分野にもその交流が広がり、またワインを通じていろいろと当店でも、C.I.V.B公認店としてしっかりその責務を果たしていこうと思います。